アクアチタンと純チタンの違いとは?

ファイテンのネックレスやブレスレットは、アクアチタン採用モデルと純チタン製モデルがあります。値段やデザインも違うし、どちらが効果があるのか、迷うところだと思います。ボクもファイテンのネックレスを買う前は、アクアチタンと純チタンの違いを知らなかったし、どちらを購入するか、かなり迷いました。結局、デザイン重視でRAKUWAネックレスX100チョッパーモデルを選びました。それで、アクアチタンと純チタンはどちらの効果が強力なのか、結論から言うと「純チタンのほうが強力です。」ファイテンショップの店員さんの話によると、チタンの密度が違うので効果に差が出るということです。この「チタンの密度」というのが、ファイテンの効果に差が出るポイントになります。例えば、RAKUWAネックレスX100チョッパーモデルの場合、チタンを水溶化して、アクアチタンにしてから、強化ナイロンの部分に付着させています。X100やX50というのは、アクアチタンの濃度です。x1を基準として、X100が100倍濃度、X50は50倍濃度ということです。数字が大きくなるほどアクアチタンの濃度は濃くなります。2018年1月現在、X100が一番濃度が濃いアクアチタンになります。アクアチタン採用の製品に比べて、純チタンのほうが、チタン密度は高くなります。含まれているチタンの質量と言い換えてもいいと思います。ですので、チタンチェーンネックレスやチタンチェーンブレス、ハードコートチタンブレス等の純チタン製品のほうが高い効果が期待できます。アクアチタンX100とはいえ、純チタンと比べたら、チタン含有量は明らかに少ないです。また、純チタンを採用しているチタンバンやチタンボールは、パワーテープやメタックスローションなどに比べて、効果が実感しやすいです。チタンボールさえあれば、粘着テープは市販の絆創膏など、何でもいいくらいです。ファイテン製のパワーテープやメタックステープでなくても、十分に効果を実感できます。もちろん、パワーテープとメタックステープを使用できればいいですが、コストパフォーマンスの問題があります。ボクはファイテンを購入する際は、効果だけでなく、デザインも重視しているので、アクアチタン採用モデルを好んで買うことが多いです。チェーンのジャラジャラした感じが好きじゃないんです(笑)他の金属に比べると、チタンチェーンは重量が軽いので、付け心地はいいですけどね。以上、アクアチタンと純チタンの違いについてでした。ファイテンを選ぶときの参考にしてみてくださいね。