ネックウォーマーの評価とレビュー

今回の記事では、ファイテン製のネックウォーマーの評価とレビューを書いてみたいと思います。ファイテンのなかでも、ややマイナーなアイテムかと思いますが、使ってみると思ったよりも使用感がよく、ネックレスや靴下と共に常時着用しているお気に入りです。

特に寒い冬の時期は、部屋でも外出時でも着用しています。もちろん、寝ているときも付けています。また、夏場でも、エアコンを付けて寝るときは、ネックウォーマーを着用しています。あと、飛行機のなかやエアコンの効いたカフェなど寒いと感じたときは、夏場でもネックウォーマーを着用します。さすがに、暑い外では付けませんが(笑)夏でもエアコンが効いている場所では、意外と冷えるんですよね。特に首は露出しているので、冷えやすいのです。マフラーよりもかさばらないので、持ち歩いても荷物にならないのもメリットです。

ボクの場合、寝ている間に首周辺が冷えていることが多いようで、これが首周辺のコリやハリの原因になっているようです。ネックウォーマーを使用してから、だいぶ首が軽くなりました。血行が改善しているのでしょう。これがアクアチタンの効果なのか、単にネックウォーマーで覆っているからなのかは分かりませんが、ファイテンのネックウォーマーは手放せない存在になりました。

ファイテンのネックレスを着用しても、肩や首のコリに効果を発揮しますが、アクアチタンや純チタンがカバーできる範囲は限定的で、首の上のほうには効果が届いていないと思います。なので、ネックレスとネックウォーマーを併用しています。

初めてファイテンのネックウォーマーを手にとって見た感想としては、「薄い」ということです。生地が薄手なのです。肌触りはよく、直接肌に触れてもチクチクしたりしません。生地が薄いので、防寒用としてはどうかなと思ったのですが、薄いわりには暖かく感じます。真冬の外出時、徒歩や自転車に乗る程度なら十分な防寒性能です。もちろん、ジョギング時に着用してもいいと思います。先日、スノーボードに行ったときも、ネックウォーマーを着用しました。ウェアで首周りが覆われているので、ネックウォーマーはインナーとしての使用です。

生地には三菱レイヨンの吸湿発熱繊維ルネスアルファを採用しています。湿気を吸収すると発熱する素材のようです。その効果なのか暖かく感じます。素材はアクリル72%、指定外繊維(A・H・F)24%、ポリウレタン4%で化学繊維でできています。指定外繊維というのはよくわかりませんね(笑)ファイテンの技術はアクアチタン採用です。ネックウォーマーは洗濯すると少し毛羽立ってくるのがデメリットかと思います。ただ、靴下と比べて摩擦による負荷はかかりにくいので、耐久性はまあまあだと思います。

2018年2月現在、東邦テキスタイルのソリストヒートを採用したネックウォーマーが出ていますが、ボクが持っているのは1つ前のモデルだと思います。ソリストヒート採用のネックウォーマーは来季、販売されていれば試してみたいと思います。その他に、ダウン素材のRAKUMAKIネックウォーマーという商品もあります。

ファイテンのネックウォーマーは防寒具としてだけでなく、首のコリやハリが気になる人にもお勧めです。ぜひ、試してみてくださいね。