ファイテンのパワーテープの効果はどれくらいの時間もつの?

今回の記事では、ファイテンのパワーテープは、どれくらいの時間の効果があるのかをテーマに書いてみたいと思います。

結論から先に言いますが、パワーテープは貼っている間は効果が持続していると考えられます。

ただし、パワーテープを使っている本人は、同じ効果が持続しているという感覚はないかもしれません。

例えば、貼ってから30分後と半日以上が経ってからでは、パワーテープの効果の感じ方が違うと思います。

これは感覚が慣れるからだと思います。

パワーテープは使い捨てなので、テープの粘着力の限界がきたら終わりです。

炭化チタンは問題ありませんが、粘着力が弱まりテープとしての寿命が先にきてしまいます。

粘着面にある黒い部分が炭化チタンです。

普通に使っていれば、炭化チタンが剥がれ落ちることはまずないので、パワーテープの効果の持続時間は特にないと考えています。

パワーテープは粘着力が強く、発水性もあるので、運動して汗をかいたりしなければ、2~3日くらい貼っていることも可能です。

しかし、貼りっぱなしだと、皮膚がかぶれてくるのでおすすめはできません。

ボクの場合は1日貼っていると、パワーテープの周りが痒くなってくるので、半日程度貼ったら剥がしています。

どのくらいでかぶれるかは、個人差があると思いますが、パワーテープでの皮膚かぶれには注意してくださいね。

ファイテン楽天市場店のレビューには、1週間くらい貼れると書いている方もいました(汗)

ボクだったら、パワーテープを1週間貼りっぱなしだと、確実に皮膚トラブルを起こすと思います。

長期間の貼りっぱなしは、衛生面でも良くないと思いますので、パワーテープの皮膚トラブルには、注意して使ってくださいね。

バンドエイドを貼りっぱなしだと、ふやけたり、痒くなってきたりするのと同じです。しかも、臭くなりますよね(笑)

パワーテープは消耗品ですので、1枚をなるべく長く使おうと考える人もいるかもしれません。そのへんは、性格が出そうですね。

1000マーク入りパワーテープは1枚あたりの単価が10円を切ってくるので、パワーテープを使い続けるなら大容量のパッケージを買うのがお得ですよ。

皮膚トラブル等でテープ系のケア用品が苦手な人は、メタックスクリームやメタックスローションでのケアもおすすめです。

以上、ファイテンのパワーテープは、どれくらいの時間の効果がもつのか書いてみました。パワーテープを使う時の参考にしてみてくださいね。