ファイテンのTシャツは効果あるの?

今回の記事では、ファイテンのTシャツの効果について書いてみたいと思います。

ファイテンはTシャツや短パンなどのアパレルも充実しています。主にスポーツウェアですが、普段使いもOKのデザインもあります。

ファイテンのロゴがデカすぎるものは、街中で着れないです(笑)

ボクが持っているファイテンTシャツは「RAKUシャツTCリバー」というやつです。

生地にアクアチタンが採用されていて、肩の部分はアクアチタン濃度がX100になっているTシャツです。

僧帽筋のあたりが別パーツで縫われていて、肩コリ対策仕様になっています。

アクアチタンによって、血行促進の効果が期待できます。

このTシャツを着て寝ると、スッキリ感といいますか、朝起きたときに身体が軽い感じがするのです。

ファイテンをパジャマとして利用すると効果を実感しやすいですね。

まあ、程度としては劇的というほどではなく、ほんのりといった感じです。

アクアチタンなので純チタンほどの効果は期待できません。こうした感覚の差は、チタンの密度によるみたいです。

ファイテンのTシャツを着ると、スポーツ中のパフォーマンスが上がる効果があるかどうかは分かりません。

人によっては、ファイテンTシャツの効果を実感できるかもしれません。

ボクの場合は、ファイテンTシャツをナイトウェアや普段着として着ているので、運動中のパフォーマンスは分からないのです。

ファイテンTシャツよりも、靴下の方が効果を実感しやすいと思います。ファイテンの靴下を履くと、足が疲れにくくなると感じます。

購入者レビューを見ると、多くの方が同様のコメントを書いています。

ファイテン以外のアパレルですと、VENEX(ベネクス)のリカバリーウェアというものもあります。

VENEXの場合は、繊維にナノプラチナを織り込んでいるとのこと。

べネクスは、プラチナですか!

機会があれば、ファイテンのアクアチタンと使用感を比べてみたいです。

VENEXはスポーツウェアではなく、ルームウェアやナイトウェアとしての用途が中心ですね。

かなり興味があるので、VENEXを購入する予定はあります。

しかし、いいお値段するんですよね(笑)

VENEXはファイテンよりも価格が高いのです。

ファイテンもパジャマや部屋着として使えるスウェットのような商品があればいいと思います。

ちなみに、ファイテンには腹巻(はらまき)があります。

冷え性の方など、ファイテンはらまきを試してみるといいと思います。

それはさておき、最近はだいぶ寒くなってきたので、ファイテンの長袖Tシャツが欲しいなと思っています。RAKUシャツの長袖ですね。

もし、RAKUシャツの長袖を購入したら、レビュー記事にしますね。

以上、ファイテンのTシャツは効果があるのかについて書いてみました。ファイテンのTシャツを検討している方は参考にしてみてくださいね。