ファイテン RAKUWAブレスS レザータッチのレビューと評価

今回の記事では、ファイテンのブレスレット、RAKUWAブレスSレザータッチのレビューと評価を書いてみようと思います。

前から気になっていたRAKUWAブレスSレザータッチを楽天ポイント消化のため、購入してみました。

今回は楽天市場のBLUE NOTEというショップで注文、アウトドア用品などを扱っているショップのようです。

ファイテンの商品はスポーツ用品店の他にも、アウトドア用品店でも扱っているのですね。

RAKUWAブレスSレザータッチを購入するきっかけとなったのが、ファッション系YoutuberのMBさんの動画です。

手首周りにアクセサリー付けていると、印象が全然違いますよという話でした。

普段は時計以外に何も付けていないので、アクセサリーにチャレンジしてみることにしたのです。

ファイテンのブレスは、RAKUWAブレスSデュオを持っています。

これは運動時に着ける分にはいいですけど、普段着にはデザイン的に合わないですよね。

ファイテンのブレスのなかで、普段使いのアクセサリーとして使えそうなのが、RAKUWAブレスSレザータッチです。

RAKUWAブレスSレザータッチ単体で見るとダサいような気もするのですが、本物のレザーブレスとパット見はほとんど同じですよね。

これなら、いけそうと思い試してみることにしたのです。

実物をみたところ、画像で見たよりもイイ!という印象です。

艶消しの素材で、特に黒いほうがカッコいいですね。

しかし、茶色のほうは安っぽく見えます。これは画像で見たときと同じ印象です。

茶色は色が明るいので、編み込みのデザインが表面的なのが一目で分かってしまうからです。

本物の編み込みレザーなら、編み込み部分は深く入り組んで、影ができたりしますが、レザータッチのデザインは浅く表面的なので、フェイク感が強いです。

ツヤ消しの黒色なら、それらが誤魔化せるというわけです。

技術はアクアチタンシリカを採用しています。

RAKUWAブレスSレザータッチは、デザイン的に造りが細いですし、技術がアクアチタンシリカなので何らかの効果は期待しないほうがいいと思います。

RAKUWAブレスSデュオはミクロチタンボールなどがブレスの裏面にほどこされており、着用すると、ほんのり暖かくなってくる感覚があります。

しかし、RAKUWAブレスSレザータッチを着用しても、ボクは何も感じないですね。

RAKUWAブレスSレザータッチは、ファイテン用品が好きでアクセサリーもファイテンにしたいという人にはおすすめですが、何らかの効果を期待している人にはおすすめできません。

まあ、値段も安いですからね。

ファイテンが初めての人がRAKUWAブレスSレザータッチを購入するとガッカリしてしまうかもしれません。

手首周りで効果を期待するなら、チタンチェーブレスがおすすめです。

RAKUWAブレスSレザータッチと何が違うんですかと思う人もいるでしょう。

それは、チタンの密度が違うのです。

RAKUWAブレスSレザータッチはシリコン製ですが、そのシリコンの中に細かくしたチタンが練りこんであります。これがアクアチタンシリカです。

チタンチェーブレスは、純チタンでできています。

アクアチタンシリカと純チタンを比べると、チタンの密度が全然違うわけです。

もちろん、純チタンのほうが密度は高いです。

チタンの密度がそのまま効果の差になると考えればいいと思います。

まとめると、RAKUWAブレスSレザータッチは、アクセサリーとして使う分にはおすすめ、効果を期待するならチタンチェーンブレスやX100などがおすすめです。

以上、RAKUWAブレスSレザータッチのレビューと感想を書いてみました。ファイテンのブレス選びの参考にしてみてくださいね。