チタンバンの使い方

今回の記事では、ボクがよくやっているチタンバンのお勧めの使い方を紹介します。

【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

チタンバンに付属している替え用チタンテープを使い切った後は、パワーテープやメタックステープではなく、紙素材の薄い絆創膏にチタンボールを付けて使っています。

絆創膏はニチバンのホワイトテープ、幅25mmの長さ9mを使っています。

価格は300円前後です。

幅は12mmもありますが、25mmの広いテープの方が使いやすいです。

ホワイトテープを使うのは、コストパフォーマンスの問題と1枚1枚にチタンボールを貼り付けるのが面倒だからです。

ホワイトテープであれば、10センチ程度に切って、チタンボールを等間隔に5個ほど付けることができます。

ホワイトテープ1枚で約5個のチタンボールを1度に貼れるというわけです。

ホワイトテープとチタンボールの組み合わせでも、十分な血行改善効果を実感できています。

もちろん、ファイテン製のテープを使用すれば、なお良いと思います。

このへんは費用との兼ね合いですかね。

なるべく消耗品の費用を抑えたい人は、市販のテープ類で試してみるといいと思います。

ニチバンのテープは、水に強いテープや伸縮性があるテープなど、いろいろな種類があるので、状況に合わせて使い分けることができます。

また、100円ショップにはピップエレキバンやチタンバンに使える替え用テープもあります。

10センチほどに切ったホワイトテープにチタンボールを付けたものを首筋や僧帽筋、腰に貼ります。

おすすめの貼る箇所ですが、ボクは夜寝るときに足の裏、土踏まずの部分に貼っています。

そうすると朝起きた時、足の裏がポカポカしていてスッキリするのです。

土踏まずには、胃腸など内臓のツボが集中しています。

万能のツボと呼ばれている「湧泉」というツボに貼るのもいいでしょう。特に疲れているときには効果的です。

足裏はマッサージも効果的ですが、面倒なときは、チタンボール貼り付けで簡単ケアしています。

ドラッグストアや100円ショップで販売されている足すっきりシートに近い効果が得られます。

土踏まずを押したとき、痛みを感じたり、ゴリゴリ、ブチブチという感触がする人は、内臓が疲れているのでしょう。

土踏まずにチタンバンを貼ることをお勧めします。

あるいは、メタックスローション・クリームを付けてマッサージが効果的です。

マッサージ屋さんでも、リクエストをすれば、持参したメタックスローション・クリームでのマッサージに応じてくれるかもしれません。

可能かどうかは聞いてみるしかないと思います。

ちなみに、チタンバンを顔に貼ったことがあるのですが、顔の皮膚は敏感なので、テープの違和感が気になってしまい、顔にチタンバンを貼るのは止めました(笑)

顔にはメタックスローション・クリームが適しています。

こめかみ周辺や額、前髪の生え際周辺にマッサージして塗ると気持ちいいです。

こうすると寝つきがよくなるんです。

顔面や頭皮の筋肉もコリますからね。

また、目の下のクマにも効果的です。

あと、スネや腕など毛が生えている部分にテープ系は向かないですね。

毛深い人はバリバリっとなると思います(笑)

そういう場合も、メタックスローションかメタックスクリームがいいです。

以上、チタンバンの使い方について書いてみました。参考にしてみてくださいね。