内転筋を鍛える器具

今回の記事では、内転筋を鍛える器具を紹介してみたいと思います。

内転筋は太ももの内側にある筋肉で、足を閉じる動作に使われます。

内転筋を鍛えるためのトレーニング方法には、ワイドスクワット(開脚スクワット)があります。

ワイドスクワットは道具が必要ないのがメリットですが、ピンポイントで内転筋に効かせたい場合は、内転筋専用の器具を使うほうが効果的です。

内転筋を鍛える器具は、どれも安価で手に入りやすいので、筋トレ初心者にもおすすめです。

それでは、おすすめ順で内転筋を鍛える器具を紹介しますね。

おすすめNo1は、ヨガボールです。

バランスボールよりも小さめで、直径20~30センチくらいのボールです。

口で膨らませるので、空気入れなどのポンプは必要ありません。

空気圧を弱くして、柔らかめで使うのがコツです。こうすることで、可動域が広がり、内転筋に効きやすくなります。

空気圧を高くすれば、硬めになるので、負荷を強くすることもできます。

ボールを膝のあたりに挟んで、足を閉じたり緩めたりすることで、内転筋を鍛えることができます。

また、股間に近い位置にボールを挟むことで、内転筋だけでなく、お尻や股間周辺の筋肉を鍛えるのにも使えます。

ヨガボールはヒップアップにも効果的なのです。

その他、腕に挟んだり、腰の下に敷いたりとヨガをサポートする万能型の器具です。

おすすめNo2は、ダイソーの太ももシェイプアップです。

太ももシェイプアップは、膝のあたりに挟んで使います。

ヨガボールと同様、足を閉じたり緩めたりすることで、内転筋を鍛えることができます。

股間に近い位置に挟むこともできますが、器具が大きく開いているため使いづらいです。

また、太ももシェイプアップは、負荷を調整できないのがデメリットです。

そのため、内転筋を鍛えるのが初めての人にはおすすめですが、既に他のトレーニングで内転筋を鍛えている人には、負荷が弱いと感じるかもしれません。

価格が安いので仕方がないですね。

おすすめNo3は、PelGrip(ペルグリップ)です。

PelGripは、ヒップトレイナーという名前が使われる場合もあります。類似商品もありますが、PelGripがオリジナルだと思います。

PelGripは股間に近い位置に挟み、お尻と足を閉めるようにして使います。

ヒップアップがメインの器具ですが、内転筋も鍛えることができます。

PelGripはダイヤルで負荷を調整できるのがいいですね。

デメリットとしては、他の部位を鍛えるのには使えないという点です。

この記事で紹介している器具の他にも、スライダータイプやクッションタイプの内転筋トレーニング器具もあります。

価格などを比較して、使いやすそうなものを選んでみてください。

以上、内転筋を鍛える器具について書いてみました。よかったら、内転筋のトレーニングに役立ててみてくださいね。