水晶ネックレスを自作!効果は?

ファイテン製品のなかでも気になっていた商品が水晶ネックレスです。

ファイテンといえば、チタンチェーンネックレスやアクアチタン採用のネックレスが有名ですが、水晶ネックレスも地味に評価されているアイテムです。

以前、ファイテンショップの店員さんに「水晶ネックレスもいいですよ!」と勧められました。自分の店の商品を勧めるのは、当たり前かもしれませんが(笑)

興味はあったものの、ファイテンの水晶ネックレスは価格が高くて、手が出せないでいたのです。水晶ネックレスの値段は、27,000円から52,380円です。長さと水晶玉の大きさによって、値段が変ります。

また、水晶の表面をチタンコーティングしたチタン水晶ネックレスもあります。チタン水晶ネックレスの値段は、35,640円から46,440円です。

どちらも、高価と言ってもよい値段だと思います。そこで、ボクは水晶ネックレスを自作することにしました。ファイテン製でなくてゴメンなさい(笑)

水晶ネックレスの既製品を購入するのではなく、自作にしたのは、そのほうが安いのと、長さが自分で調整できるからです。

楽天市場にある品良楽天市場店というショップで、水晶ネックレスを作るための材料を購入しました。

品良楽天市場店のトップページはこちら

水晶8ミリ玉1連39センチ 価格600円を2つ
ブレスレット制作練習用キット 価格450円を1つ

送料無料で合計1,650円です。かなり安いですね。

水晶はファイテンの水晶ネックレスと同じ8ミリ玉を選びました。水晶の質は5Aです。実物を確認したところ、クラックや傷がある玉も多少は混じっていました。あまり気にしないので、これは問題はありません。

ブレスレット制作練習用キットは、水晶球に通すための紐のオペロンゴムと紐とおし、作り方マニュアル、お好みの石がセットになっているものです。

ちなみに、お好みの石はラピスラズリを選択しました。ラピスラズリのブレスもあとで作る予定です。

今回、自作したネックレスは留め具がないタイプなので、頭からかぶります。そのため、長めの55センチで作成しました。

作り方マニュアルを見ながら、作業を進めると、10分程度で水晶ネックレスが完成してしまいました。思ったよりも簡単でした。この程度の難易度なら誰にでもできると思います。

とおし紐のオペロンゴムは伸びますし、4重にして水晶玉に通しているので、強度はまずまずですね。

水晶ネックレス8ミリ玉55センチの長さで、重さ47グラムです。

RAKUWAネックX100チョッパーモデル50センチが9グラム、チタンチェーンネックレス50センチが15グラムなので、水晶ネックレスは重たいと感じます。

ネックレスの自作ができると、ゴムが切れたときでも、自分で直せるのもメリットです。

早速、水晶ネックレスを付けて寝たところ、朝起きたときに首や肩周りがスッキリしている感じがしました。

RAKUWAネックと磁気チタンネックレスSとの重ねづけなので、初めてファイテンを付けたときほどのインパクトはありませんが、水晶ネックレスも効果があると実感できたので、しばらく付けてみることにします。

自作とファイテン製の水晶ネックレスでは、玉の大きさや長さが同じなら、効果の違いはないと考えられます。

ただ、ファイテンには、表面をチタンコーティングした水晶ネックレスがあります。これは、他社製品では見ませんし、自作も難しいでしょう。

ファイテンの水晶ネックレスは値段が高くて、手が出ない人は自作で試してみることをお勧めします。

それで良かったら、ファイテン独自のチタン水晶ネックレスにステップアップするのもいいですね。

今度は余った材料で、水晶ブレスレットも作成しようと思います。