簡単に早く腹筋を割る方法とは?

今回の記事では、腹筋を割る方法について書いてみたいと思います。

筋トレ初心者の目標として、腹筋を割るというのがあります。

腹筋が割れているか、割れていないか、目に見えて分かりやすいですよね。

しかし、なかなか腹筋が割れなくて悩んでいる人も多いでしょう。

ここでは、なるべく早く腹筋を割る方法を紹介します。

腹筋を割る方法のポイントとは?

腹筋のトレーニングは、通常のシットアップでかまいません。

腹筋を割るためのトレーニング法をいろいろ紹介している人もいますが、通常のシットアップだけでも十分だと思います。

シットアップ数十回を2セット~3セット、これを週1回~2回

回数は限界ギリギリを設定しましょう。

そして、腹筋を割るための重要なポイントは、「痩せて脂肪を落とす」ということです。

どんなに腹筋を鍛えても、脂肪がある程度付いてると、白線と腱画に脂肪が入り込んで、腹筋は割れないからです。

つまり、腹筋が割れるかどうかの分岐点は、「脂肪の付き具合」と「腹筋の盛り上がり具合」で決まるのです。

痩せるために食事を替えて、運動も取り入れることで、早く腹筋を割ることができます。

ボクの場合、1食をサラダにしてから、1ヶ月で5ミリくらいづつ脂肪が薄くなっていきました。

気づいたら痩せていたという感じです。

もちろん、筋トレで代謝が上がった等、食事以外の要因もあると思います。

サラダといっても、野菜だけではなく、豆腐や肉、魚などタンパク質を取り入れたサラダにしています。

運動はジョギングでもいいですが、縄跳びがハードなのでおすすめです(笑)

元々、痩せ型でガリガリの人であれば、腹筋を割るのは簡単なんですよね。

逆に太っている人は、腹筋のトレーニングをがんばっても、痩せて腹周りの脂肪を落とさない限り、腹筋は割れません。

どれくらいの期間で腹筋が割れるかは、トレーニング方法よりは、脂肪の付き具合と食事や運動によるところが大きいと思います。

まあ、個人差があるということです。

腹筋ローラーは必要なのか?

腹筋を鍛える方法といえば、腹筋ローラーの存在はデカいです。

腹筋ローラーは、アブローラーともいいますね。

結論から言うと、腹筋を割る方法として、腹筋ローラーは必要ないと思います。

シットアップで腹筋を鍛えつつ、痩せれば腹筋が割れてきます。

痩せて脂肪が少なくならないと、どんな鍛え方をしても腹筋は割れないですからね。

シットアップで満足できなくなったら、腹筋ローラーを買えばいいと思います。

ようするに、腹筋を鍛える方法のバリエーションを増やしたい場合ですね。

筋トレ初心者は、アブローラーは必要ないと個人的に思います。

今日は、腹筋を割る方法について書いてみました。腹筋が割れなくて困っている人は、参考にしてみてくださいね。