筋トレグローブの効果はあるの?

今回の記事では、筋トレグローブの効果について書いてみたいと思います。

筋トレの必須アイテムともいえる筋トレグローブですが、筋トレ初心者さんは持っていない人もいるかもしれません。

ジムに行くと、カッコいい筋トレグローブをしているマッチョメンがいたり、可愛い女の子も筋トレグローブをしていたりするので、気になったりすると思います。

もちろん、筋トレグローブがなくても、筋トレをすることは可能ですが、ここでは、筋トレグローブの効果や必要性について触れてみましょう。

筋トレグローブの効果とは?

1.グリップ力を補助する効果

ダンベルやバーベルを握るときにグリップ力をサポートする役割があります。

筋トレグローブの手のひら部分は、滑り止めになっているので、金属やゴム製のグリップを握るときに、しっかりと握ることができます。

手のひら部分にパットが入っていて、肉球のようになっている筋トレグローブもあります。

また、筋トレグローブは手汗でグリップが滑るのを防ぐ効果もあります。

2.怪我やマメを予防する効果

トレーニング器具に手を挟んで怪我をするのを防ぎます。

筋トレで使う器具は、重量があったり、可動部分がある器具も多いので、手を挟んでしまうことが稀にあります。

筋トレグローブをしていれば、手の怪我を防ぐことができます。

また、グリップが金属製のダンベルなどは、表面がザラザラしていて、素手で握ると手にマメができやすいです。

筋トレグローブをしていれば、手にマメができるのを防げます。

3.手首を保護する効果

リストラップ付きの筋トレグローブは、手首を保護する効果があります。

手首に巻きつけて固定するベルトをリストラップといいます。

リストラップで適度に手首を締め付け固定して、怪我の予防やサポートの役割をします。

特に高重量を扱う場合や手首に不安がある人は、リストラップ付きの筋トレグローブを選ぶといいでしょう。

筋トレグローブの効果 最後に

筋トレグローブの役割は、手の保護と滑り止めです。

あるのとないのとでは、筋トレの捗り方がだいぶ違いますので、筋トレグローブを持ってない人は、早めに購入することをおすすめします。

ちなみに、ボクはナイキとノーブランドの筋トレグローブを持っています。

ノーブランドの筋トレグローブは、価格が安いのが魅力ですが、デザインがダサいです。

逆に、ナイキは価格が高いですが、デザインはカッコいいです。

デザインさえ気に入れば、ノーブランドの筋トレグローブでも十分だと思います。

今後は、筋トレグローブの選び方や比較、ナイキの筋トレグローブのレビュー記事もアップする予定です。

以上、筋トレグローブの効果について書いてみました。筋トレをするときの参考にしてみてくださいね。